メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

難聴

新生児検査を 政府が早期支援策 訓練で会話習得しやすく

母親(左)と共に言語聴覚士の女性(右奥)から言語の指導を受ける女児(5)=千葉市美浜区の千葉市療育センターやまびこルームで4日午後4時29分、村田拓也撮影

 厚生労働省と文部科学省は7日、難聴の子どもの早期支援策をまとめた。各都道府県に支援相談機関を設置し、新生児聴覚検査の実施率向上に向け来年度予算への反映を目指す。難聴の子どもは幼いうちに訓練すると音声での会話を習得しやすいとされるが、支援は十分でない。全ての新生児への適切な支援を求める声が上がっている。

 聴覚障害児への支援を巡っては、これまで地域格差がみられていた。両省によると、各都道府県に既存の施設…

この記事は有料記事です。

残り659文字(全文861文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  2. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  3. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  4. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  5. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです