メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

難聴

新生児検査を 政府が早期支援策 訓練で会話習得しやすく

母親(左)と共に言語聴覚士の女性(右奥)から言語の指導を受ける女児(5)=千葉市美浜区の千葉市療育センターやまびこルームで4日午後4時29分、村田拓也撮影

 厚生労働省と文部科学省は7日、難聴の子どもの早期支援策をまとめた。各都道府県に支援相談機関を設置し、新生児聴覚検査の実施率向上に向け来年度予算への反映を目指す。難聴の子どもは幼いうちに訓練すると音声での会話を習得しやすいとされるが、支援は十分でない。全ての新生児への適切な支援を求める声が上がっている。

 聴覚障害児への支援を巡っては、これまで地域格差がみられていた。両省によると、各都道府県に既存の施設や特別支援学校などの活用も含め支援相談機関を1カ所以上設ける。新生児聴覚検査や療育などを促す新生児難聴対策連絡協議会のない13府県には早期に設けるよう求める。

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文861文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  2. 「このままでは核兵器はなくならない」 ジャパネット創業者が「伝える」核廃絶と平和

  3. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 風知草 鬼滅ブームと菅伝説=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです