連載

検証

ニュースの背景を解説、深掘りリポート。

連載一覧

検証

読売テレビ、街頭ロケでしつこく性別確認 チェック機能働かず 「認識欠如」防止策示す

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
読売テレビ「かんさい情報ネットten.」の不適切放送を巡る流れ
読売テレビ「かんさい情報ネットten.」の不適切放送を巡る流れ

 夕方のニュース番組内の街頭ロケコーナーで、一般の人の性別をしつこく確認する不適切な内容を放送した読売テレビ(大阪市)の「かんさい情報ネットten.」の問題。性的少数者への社会的理解が進むなか、プライバシーの侵害で放送倫理に反すると批判が広がった。放送から4週間の7日、読売テレビは「セクシュアリティーに関する認識の欠如があった」などとする社内の検証結果や再発防止策を発表したが、事前チェックはなぜ働かなかったのか。経緯と背景を探った。【倉田陶子、山田夢留、屋代尚則】

 番組は近畿2府4県で放送。問題になったコーナーはお笑いコンビ「藤崎マーケット」が街頭で人々の迷いや悩みを聞く内容で、5月10日に放送された回の取材は、4月16日夜、大阪市の阪急十三駅周辺の繁華街で行われた。飲食店員から「(常連客に)男の人か女の人か聞いて。ずっと疑問やねん」と頼まれた藤崎マーケットが、居合わせた客にフルネームや交際相手の有無を尋ねた上で、本人の同意を得て胸を触ったり、身分証明書を…

この記事は有料記事です。

残り2470文字(全文2904文字)

あわせて読みたい

注目の特集