連載

検証

ニュースの背景を解説、深掘りリポート。

連載一覧

検証

読売テレビ、街頭ロケでしつこく性別確認 チェック機能働かず 同志社女子大・影山教授、国際人権法学者・谷口氏の話

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

内容確認の体制必要 同志社女子大・影山貴彦教授(メディアエンターテインメント論)

 視聴者に番組を見てもらう努力は必要でニュースを軟らかい切り口で取り上げることにも反対しない。LGBTなど繊細な問題をテレビで一切扱わなくなることも問題だ。

 ただ、民放でプロデューサーをしていた経験に照らしても、テレビ業界は活字メディアに比べてチェック機能が弱い面があると感じる。今回の問題の背景には、夕方のニュース番組が軟らかくなり、長時間化するなかで、内容を確認する体制が追いついていない現状がある。他局が問題を黙殺しているのは、同様の危うさ…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文659文字)

あわせて読みたい

注目の特集