メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衣・FASHION

アフリカンプリント 大胆色柄、着こなし多彩に

アケロバッグを手にする仲本千津さん=東京都渋谷区猿楽町のRICCI EVERYDAY The Hillで

 大胆な柄や鮮やかな色遣いが目を引く「アフリカンプリント」の服や雑貨が人気だ。種類が豊富な布からお気に入りを選ぶ楽しさがあり、着こなしのアクセントになる。人権や環境に配慮したエシカル(倫理的)消費につながる商品も出てきた。

 アフリカンプリントは、アフリカを中心に普及している綿などの生地。柄のモチーフは動植物からスマートフォンや扇風機まで幅広い。現地では主に市場などで販売され、購入者はテーラーに持ち込んで洋服に仕立てるという。元々はオランダで、インドネシアのバティック(ろうけつ染めの布)を模倣して作られたのが始まりとされ、欧州からアフリカ向けのデザインとして広がった。

 ガーナ製の布を使ったバッグを製造販売する「RICCI EVERYDAY」(静岡市)の共同経営者、仲本千津さん(34)は「デニムに白シャツなどシンプルな格好に、バッグを合わせればワンポイントになる。柄と柄を組み合わせてもいい」と語る。

この記事は有料記事です。

残り1274文字(全文1677文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今度は煉獄さん? 鬼滅の刃の引用で「弱き人助ける覚悟」問われた首相 衆院予算委

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです