連載

今よみがえる森鴎外

2022年に没後100年を迎える森鴎外。毎回筆者とテーマを変えて、作品に現代の光を当て読み解きます。

連載一覧

今よみがえる森鴎外

/3 「仕方ない」という優しさ 個人と国家、そして諦念=作家・平野啓一郎

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 森鴎外の『舞姫』は、日本近代文学の黎明(れいめい)期に書かれた作品としては、やはり傑出していると思う。

 ところが、凡(およ)そ『舞姫』ほどよく悪口を言われる小説も珍しく、大変な名文だが、今の読者には「読みにくい」と感じられており、更に、そのストーリーも、主人公の太田豊太郎も、とにかく赦(ゆる)せない、とクソミソに貶(けな)されている。

 私はそういう議論に触れる度に、百三十年ほど経(た)っても、未(いま)だに読者の感情を、これほどまでに生々しく揺さぶる鴎外の小説に、つくづく敬服させられるのだが。

この記事は有料記事です。

残り1951文字(全文2201文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集