メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

ジェンダーで見る現代仏教 負の伝統、厳しく検証

「現代日本の仏教と女性」(法蔵館)

 女性差別の視点から日本の仏教界を見た論集『現代日本の仏教と女性 文化の越境とジェンダー』(那須英勝、本多彩、碧海寿広編)が出版された。著者には研究者だけでなく女性僧侶ら当事者も加わり、内外の目で現状を厳しく考察。さまざまな分野でジェンダーのあり方が議論される中、仏教界へも大きな問いかけとなりそうだ。

 仏教や寺院は日本の伝統文化の象徴の一つなだけに「負の伝統(因襲とも言える)もまた、一般社会より色濃く伝えてきてしまった」「古臭い女性観や、周囲の人間に対するハラスメント意識の希薄さは、その典型的な例だろう」。「はじめに」で記された碧海さんの言葉が課題意識を端的に表す。

この記事は有料記事です。

残り627文字(全文913文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

  2. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

  5. 沖縄米軍基地で45人の集団感染 知事、米軍に感染者数公表、一部封鎖求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです