メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
アートの地平から

誰のため?揺れる美術館=住友文彦

尾沢辰夫「鴨」1938年、愛知県立美術館所蔵、同館で開催中の「アイチアートクロニクル  1919ー2019」展(23日まで)より

 ここ数年海外では美術館や博物館の資産に厳しい目が向けられている。よく知られているのは、所蔵品がどのような経緯をたどって入手され、そこに不正はなかったかを問いただす来歴問題だ。先住民族の祭事などに使われてきた道具や装飾品、植民地時代や戦争で勝利した際に本国に持ち帰った品々、あるいは戦争協力者たちの資産だった美術品について公正な方法による所有や情報公開を求める方向へ大きく転換しつつある。また、米国ではメトロポリタン美術館をはじめ複数の美術館が有力パトロンのサックラー家が多くの中毒被害を出した鎮痛剤を製造した会社を創業していることから、同家の寄付を受け付けない方針を発表した。

 おそらくこれまでも収蔵品の来歴や運営資金をめぐる疑惑は認識されていた。しかし、豊富な資金と収蔵品を…

この記事は有料記事です。

残り720文字(全文1059文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  3. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  4. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  5. 首相「WTOに反しない。徴用工は歴史問題ではない」 対韓輸出規制で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです