メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

セ・パ交流戦 日本ハム3-2阪神 日本ハム・清宮、甲子園は俺の庭 先制犠打、気分上々

【阪神-日本ハム】四回表日本ハム1死三塁、清宮が先制の中犠飛を放つ

 日本ハムが接戦を制した。四回に清宮の中犠飛で先制し、同点の七回は大田の中犠飛で勝ち越した。有原は直球と変化球をバランス良く投げ、6回2失点で両リーグトップの7勝目。阪神は3失策すべてが失点につながり、3位に後退した。

 高校野球の聖地・甲子園でプロ入り後、初めてプレーした日本ハムの2年目・清宮は充実していた。今季初の左翼手で先発し、1安打1打点。「打っても守っても楽しい」。高校通算最多とされる111本塁打を放ったスラッガーの気分は上々だった。

 四回1死三塁の第2打席。一回の好機は、沈む球で二ゴロに打ち取られただけに「内容を踏まえて対応した」と清宮。外野フライでも得点できるイメージを持つと、初球の沈む球を中犠飛に。甲子園プロ初打点をマークし、六回には左前打も放った。

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文730文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プペルバスがやってくる 人気芸人西野さん絵本展 車内展示、県内8市巡る /島根

  2. 科学を政治のしもべにしてはいけない 菅政権による基本的人権の危機

  3. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  4. 東日本大震災 大阪と被災地、続く交流 学校や伝承施設訪問 堺工科高定時制生徒ら /岩手

  5. 南陽のラーメンPR 山形-静岡、週2回往復 丸富運輸、デザイントラック運行 /山形

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです