メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ペットボトル

コスト減・利益還元・資源確保、三方よし サントリーなど大阪市で回収

 プラスチックごみによる海洋汚染対策が議論される主要20カ国・地域(G20)首脳会議(28、29日)を前に、開催地の大阪市は7日、大手飲料メーカー「サントリーホールディングス(HD)」と古紙回収業「マツダ」(神戸市)の2社とペットボトルの回収・リサイクルの新たな枠組みで連携協定を結んだ。古紙回収と同様、回収量に応じた売却益を地域に還元する仕組み。自治体が関与してペットボトルで導入するのは珍しいという。

 市では現在、ペットボトルを空き瓶や空き缶と一緒に「資源ごみ」として回収、費用をかけて分別しリサイクルしている。新たな仕組みは、市独自の地域活動協議会や小学校区などのコミュニティー単位でペットボトルを分別、洗浄してまとめて出すと、契約先の業者が再生樹脂の原料として収集し、リサイクル業者に売却する。

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文600文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  2. NHK、総務省提案の受信料義務化に慎重姿勢 「支払いは視聴者理解のもと」

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  5. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです