ペットボトル

コスト減・利益還元・資源確保、三方よし サントリーなど大阪市で回収

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 プラスチックごみによる海洋汚染対策が議論される主要20カ国・地域(G20)首脳会議(28、29日)を前に、開催地の大阪市は7日、大手飲料メーカー「サントリーホールディングス(HD)」と古紙回収業「マツダ」(神戸市)の2社とペットボトルの回収・リサイクルの新たな枠組みで連携協定を結んだ。古紙回収と同様、回収量に応じた売却益を地域に還元する仕組み。自治体が関与してペットボトルで導入するのは珍しいという。

 市では現在、ペットボトルを空き瓶や空き缶と一緒に「資源ごみ」として回収、費用をかけて分別しリサイクルしている。新たな仕組みは、市独自の地域活動協議会や小学校区などのコミュニティー単位でペットボトルを分別、洗浄してまとめて出すと、契約先の業者が再生樹脂の原料として収集し、リサイクル業者に売却する。

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文600文字)

あわせて読みたい

ニュース特集