メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国への対抗鮮明に ファーウェイ排除に反発 G20前調整 中露首脳

ロシアでの経済フォーラムに出席した中国の習近平国家主席(左)とプーチン露大統領=サンクトペテルブルクで7日、AP

 中国の習近平国家主席は7日までの公式訪露でロシアと連携を深め、貿易摩擦が激化する米国に対抗していく姿勢を鮮明にした。中国は、米国としのぎを削る次世代通信規格「5G」のほか、サイバーや宇宙・北極開発でロシアとの協力を確認し、イランや朝鮮半島問題でも協調姿勢を明示。中露は今月末に大阪で開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議を利用し、それぞれ米国との首脳会談を調整しているが、事前の連携を示した形だ。

 習氏は訪露最終日の7日、ロシア第2の都市サンクトペテルブルクで経済フォーラムに出席。「ロシアは全ての分野において、最も重要で優先度が高いパートナーの一国だ」と2国間連携の意義を強調した。プーチン露大統領も「中国ビジネスの共同事業に向けた姿勢を高く評価している」と言明。両国は民間ベースで200億ドル(約2兆1600億円)規模の商談を成立させたという。

この記事は有料記事です。

残り665文字(全文1043文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

  5. 「このままでは餓死」失職労働者、都市部から歩いて故郷へ 感染拡大懸念 全土封鎖のインド

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです