メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国への対抗鮮明に ファーウェイ排除に反発 G20前調整 中露首脳

ロシアでの経済フォーラムに出席した中国の習近平国家主席(左)とプーチン露大統領=サンクトペテルブルクで7日、AP

 中国の習近平国家主席は7日までの公式訪露でロシアと連携を深め、貿易摩擦が激化する米国に対抗していく姿勢を鮮明にした。中国は、米国としのぎを削る次世代通信規格「5G」のほか、サイバーや宇宙・北極開発でロシアとの協力を確認し、イランや朝鮮半島問題でも協調姿勢を明示。中露は今月末に大阪で開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議を利用し、それぞれ米国との首脳会談を調整しているが、事前の連携を示した形だ。

 習氏は訪露最終日の7日、ロシア第2の都市サンクトペテルブルクで経済フォーラムに出席。「ロシアは全て…

この記事は有料記事です。

残り791文字(全文1043文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. 男子3位の大迫傑「完敗。悔しい。最低でも2番と考えていて、中途半端」 MGC

  3. 男子1位は中村匠吾 愚直な努力家、2度のスパートで「4強」破る MGC

  4. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  5. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです