メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

立ち上がる「雨傘世代」 香港で9日「逃亡犯条例」改正反対の大規模デモ

デモに参加するため仕事や学校を休むよう呼びかける横断幕。警察は警戒態勢を強めている=香港中心部で4日、福岡静哉撮影

 香港で9日、刑事事件の容疑者を中国本土に引き渡せるようにする「逃亡犯条例」改正に反対する大規模なデモがある。「冤罪(えんざい)で拘束され、中国本土で公平ではない裁判にかけられる」との懸念が強まり、反対運動は日増しに熱を帯びている。民主的な選挙制度の実現を求めた「雨傘運動」(2014年)の失敗で一度はしぼんだ「雨傘世代」の若者たちも、再び街へ出て声をあげる。【香港・福岡静哉】

 雨傘世代の一人、張越滇(ちょう・えつてん)さん(31)は14年の大学卒業直後、当時の運動に加わった…

この記事は有料記事です。

残り970文字(全文1209文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  2. ORICON NEWS お年玉付年賀はがき 当せん番号が決定 特賞は東京五輪の開会&閉会式ペア券など

  3. 「次の首相」石破氏が19%で首位 岸田氏3%、小泉氏6% 毎日新聞世論調査

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです