メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済影響、当面は回避 効果なければ追加措置も 米がメキシコ追加関税見送り

トランプ米大統領=AP

 トランプ米大統領は7日、メキシコからの全輸入品に対する追加関税を無期限で延期すると表明した。メキシコの不法移民対策が不十分として10日から5%の追加関税を発動する方針だったが、米メキシコ両政府が7日、移民対策の強化で合意した。追加関税による両国経済やメキシコに進出する日本企業への影響は回避されたが、実際に米国に流入する中米移民が減らなければ問題が再燃する可能性もある。

 トランプ氏は7日夕(日本時間8日朝)、訪問先の欧州から帰国後、ツイッターで「メキシコに対する関税は無期限に延期する。その代わり、メキシコは国内を通過する移民流入を阻止する強力な措置を取る」と表明した。

この記事は有料記事です。

残り640文字(全文927文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. 台東区の病院、都内で最大のクラスターに 都「院内感染で拡大、濃厚」

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. 「国は緊急事態宣言を」 大阪府知事、感染経路不明増加で 新型コロナ

  5. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです