メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アスペルガーの仏女性描く漫画が評判に 繊細な違い、視覚的に体感

漫画「見えない違い」の原作者、ジュリー・ダシェさん(右)と作画者のマドモワゼル・カロリーヌさん。文化庁メディア芸術祭のマンガ部門新人賞を受賞し、作品の前でギャラリートークをした=東京都江東区で2019年6月1日午前11時47分、丸山博撮影

メディア芸術祭マンガ部門新人賞 日本で作品展

 アスペルガー症候群のフランス人女性のリアルな日常を色鮮やかに描いた漫画「見えない違い」(花伝社)の日本語翻訳版が反響を呼んでいる。原作者でアスペルガー当事者のジュリー・ダシェさん(34)は「当事者には一見してわからない(非当事者との)繊細な『違い』がある。違うから差別したり排除したりせず、社会の側が当事者への理解を深めてほしい」と訴える。【竹内麻子】

 27歳の主人公・マルグリットは、ダシェさんがモデル。毎日同じ朝食をとり、決まった時間に出社するなど…

この記事は有料記事です。

残り1054文字(全文1303文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  4. 四国から東日本、23日にかけて大雨の恐れ 台風20号接近 警戒呼び掛け

  5. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです