メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サニブラウンが100mで日本新 9秒97

 陸上男子のサニブラウン・ハキーム(20)=米フロリダ大=が7日(日本時間8日)、米テキサス州オースティンで行われた全米大学選手権の男子100メートル決勝で、9秒97(追い風0.8メートル)の日本新記録を樹立し、3位に入った。桐生祥秀(よしひで、日本生命)が2017年に出した9秒98(追い風1.8メートル)を塗り替えた。優勝は今季世界最高の9秒86を出したディバイン・オドゥドゥル(ナイジェリア)。サニブラウンはこの日、男子200メートル決勝で日本歴代2位の20秒08で3位、男子400メートルリレーでは37秒97の今季世界最高で優勝した。

 サニブラウンは5月11日に米国の大会で日本選手2人目の9秒台となる9秒99をマーク。当時の自己記録を0秒06更新すると、今月5日の準決勝では追い風2.4メートルの参考記録ながら9秒96の好タイムをマークしていた。世界記録は五輪3大会連続金メダリストのウサイン・ボルト(ジャマイカ)が09年世界選手権で出した9秒58。

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文709文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  2. 核禁止条約、批准50番目はホンジュラス 国連創設75周年の節目に

  3. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 富山知事選、新人の新田八朗氏が現職らを破り当選 半世紀ぶりの保守分裂制す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです