メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ついに「期待の星」が新たな扉 サニブラウンが100mで日本新

 2020年東京五輪の「期待の星」が、新たな扉を開いた。サニブラウンが男子100メートルで日本記録を更新。約1カ月前に日本選手2人目となる「10秒の壁」を突破したばかりのホープは、あっさりと「9秒台時代」の主役に躍り出た。

 「高い技術、高いレベルでもまれなきゃ、速くならないかなと思った」。17年春に東京・城西高を卒業する前、サニブラウンは、そう将来のビジョンを口にした。進学先として選んだのは、全米でトップレベルの実力を誇る米フロリダ大。技術やトレーニングなど各分野のスペシャリストが集まったサポート体制は魅力的だった。

 技術面では五輪メダリストを育ててきたマイク・ホロウェイ・コーチらに師事した。体力面ではストレングスの専門家の下で週に数回の筋力トレーニングを重ねた。陸上関係者によると、負荷重量は抑えられているものの、計画的なプログラムを組んで筋力をつけた。さらにピラティスに近い体幹トレーニングで柔軟性や可動域、それらを支える細かな筋力も鍛え抜いた。

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文833文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  3. 「真の文武陵」異例の成果 奈良・中尾山古墳 陵墓指定なく調査可能

  4. 「底抜けダム」また水漏れ 改修工事後も想定の10倍、2万トン 熊本・産山村

  5. 新年一般参賀中止を発表 昭和天皇逝去後の1990年以来 宮内庁、感染拡大懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです