メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ついに「期待の星」が新たな扉 サニブラウンが100mで日本新

 2020年東京五輪の「期待の星」が、新たな扉を開いた。サニブラウンが男子100メートルで日本記録を更新。約1カ月前に日本選手2人目となる「10秒の壁」を突破したばかりのホープは、あっさりと「9秒台時代」の主役に躍り出た。

 「高い技術、高いレベルでもまれなきゃ、速くならないかなと思った」。17年春に東京・城西高を卒業する前、サニブラウンは、そう将来のビジョンを口にした。進学先として選んだのは、全米でトップレベルの実力を誇る米フロリダ大。技術やトレーニングなど各分野のスペシャリストが集まったサポート体制は魅力的だった。

 技術面では五輪メダリストを育ててきたマイク・ホロウェイ・コーチらに師事した。体力面ではストレングスの専門家の下で週に数回の筋力トレーニングを重ねた。陸上関係者によると、負荷重量は抑えられているものの、計画的なプログラムを組んで筋力をつけた。さらにピラティスに近い体幹トレーニングで柔軟性や可動域、それらを支える細かな筋力も鍛え抜いた。

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文833文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 経済悪化で待ち切れなかった首相の緊急事態解除 経済回復手探り、第2波の懸念

  5. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです