メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「サニブラウン、小学生からキラリ」 日本新記録の陰にオリンピアンコーチ・大森さん

 20歳のホープが歴史の扉を開いた。陸上の全米大学選手権男子100メートル決勝で自己記録を0秒02更新し、今季世界6位となる9秒97の日本新記録をマークしたサニブラウン・ハキーム(フロリダ大)。陸上を始めた原点には、オリンピアンのサポートがあった。

 男子短距離で五輪2大会に出場した大森盛一さん(46)は、サニブラウンが小学生の頃に将来を見据えて指導し、原石を磨いた。大森さんは「高いレベルの大会の3位と好記録で、来年の東京五輪での決勝進出が見えてきた。もっと記録も伸びると思う」と教え子の快挙をたたえた。

 大森さんは1996年アトランタ五輪の男子1600メートルリレー決勝で、アンカーを務め、5位入賞に貢…

この記事は有料記事です。

残り572文字(全文875文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  2. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  3. 小山慶一郎 情報番組復帰 10月からTOKYO MX「バラいろダンディ」(スポニチ)

  4. 水川あさみさんと窪田正孝さんが結婚「にぎやかで面白い家庭を」

  5. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです