メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

HOTプロ野球

ロッテ・種市、プロ初勝利のウイニングボールにサイン 平成最後で野球殿堂博物館に寄贈

サインを書き込んだウイニングボールを指さすロッテ・種市=東京都文京区の野球殿堂博物館で2019年6月8日午前10時5分、田内隆弘撮影

 ロッテの種市篤暉投手(20)が8日、東京都文京区の野球殿堂博物館を訪れ、4月29日の楽天戦(楽天生命パーク宮城)で挙げたプロ初勝利のウイニングボールにサインした。初勝利を挙げた投手には通常ウイニングボールが渡されるが、同日はパ・リーグでの平成最後の試合日に当たり、同博物館に寄贈されていた。

 すでに井口資仁監督(44)と最後を締めた益田直也投手(29)のサインが書かれたボールを手にした種市は余白に自らのサインを書き込んで「(このボールには)もう触れないんですね」とぽつり。それでも「家に置いておくよりも、ここに飾ってもらったほうが光栄。運が良かった」と笑顔を見せた。種市にはウイニングボールの代わりに、五回に自身が最後のアウトを取った時のボールが贈られ、青森の実家に送ったという。

 同博物館では、平成最後の試合となった29日のパ・リーグ3試合と、翌30日のセ・リーグ3試合のウイニングボールが展示されている。

 種市は青森・八戸工大一高から2016年ドラフト6位でロッテ入り。プロ3年目の今季は、初勝利を挙げて以後ローテーション定着を果たし、ここまで3勝1敗と好調を維持している。【田内隆弘】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小田急線が脱線 踏切で乗用車と衝突 本厚木-伊勢原間で上下運転見合わせ
  2. 大麻所持 容疑で愛知の少年逮捕 岐阜中署 /岐阜
  3. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  4. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  5. 山形・鶴岡の酒蔵、酒瓶1000本以上割れる 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです