メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なぜNPBはeスポーツの世界に足を踏み入れるのか

会場の大型画面には、対戦の様子と選手たちの表情が映し出される。中日と阪神のチームが対戦中=東京都内で2019年5月18日午後5時34分、中村有花撮影

 プロ野球を統括する日本野球機構(NPB)が先月、世界で大人気のゲーム「スプラトゥーン2」を使ったeスポーツの大会を東京都江東区のイベントホールで開催した。NPBはスポーツ文化全体の発展を目的にeスポーツへの取り組みをはじめ、昨年、野球ゲーム「実況パワフルプロ野球」を舞台にした「第1回eBASEBALLパワプロ・プロリーグ」を実施。今回、野球とは全く無縁のゲームだが、プロ野球界は、なぜ、eスポーツの世界に足を踏み入れるのか。【中村有花】

 球団のチームカラーをイメージした照明に加え、実況するアナウンサーと解説者の掛け合いが会場の雰囲気を…

この記事は有料記事です。

残り1272文字(全文1542文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  2. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  3. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  4. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです