メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なぜNPBはeスポーツの世界に足を踏み入れるのか

会場の大型画面には、対戦の様子と選手たちの表情が映し出される。中日と阪神のチームが対戦中=東京都内で2019年5月18日午後5時34分、中村有花撮影

 プロ野球を統括する日本野球機構(NPB)が先月、世界で大人気のゲーム「スプラトゥーン2」を使ったeスポーツの大会を東京都江東区のイベントホールで開催した。NPBはスポーツ文化全体の発展を目的にeスポーツへの取り組みをはじめ、昨年、野球ゲーム「実況パワフルプロ野球」を舞台にした「第1回eBASEBALLパワプロ・プロリーグ」を実施。今回、野球とは全く無縁のゲームだが、プロ野球界は、なぜ、eスポーツの世界に足を踏み入れるのか。【中村有花】

 球団のチームカラーをイメージした照明に加え、実況するアナウンサーと解説者の掛け合いが会場の雰囲気を盛り上げる。設置された舞台の上では、1チーム4人の選手が相手と向かい合うようにして座り、それぞれのモニターを見ながら、コントローラーを動かす。会場内の二つの大型画面には、「試合」の様子と選手の表情が映し出され、ビッグプレーが飛び出すと、観客は歓声を上げ、両手に持った応援グッズの風船「スティックバルー…

この記事は有料記事です。

残り1122文字(全文1542文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ交付金で宇宙展示、トイレ改修、鐘… 佐賀県知事に議会で疑問噴出

  2. パシフィコなどでの大規模イベント誘致へ コロナ対策徹底、助成に応募多数 横浜

  3. 山形市の「初市」 位置情報使い、来場者常時5000人に制限 LINEで通知も

  4. クローズアップ GoToトラベル自粛要請 政府と都、急転決着 押しつけ合いの末

  5. 新型コロナ 全国最多4990人、届かぬ支援 自宅療養、不安だらけ 単身者の食事、買い出し行くしか…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです