メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eスポーツ「クラロワリーグ アジア」異国で奮闘するプロ選手たちの実像

韓国・ソウルの滞在先で練習するゲームウィズのメンバー(右からロラポロン選手、ブロッサム選手、ユイヒイロ選手、焼き鳥選手、ゼロス監督)=2019年5月31日、兵頭和行撮影

 モバイルゲーム「クラッシュ・ロワイヤル」(クラロワ)のeスポーツリーグ「クラロワリーグ アジア」は今シーズンから全試合を韓国で開催することになり、日本から参戦する4チームのうち3チームが韓国に滞在しながらシーズンを戦っている。選手たちは学校を休学したり、家族や友人たちとも別れたりして、言葉の通じない外国で合宿しながら試合と練習の日々を送っている。

この記事は有料記事です。

残り4152文字(全文4327文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  3. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  4. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  5. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです