ソフトバンク5連勝 内川適時打 広島3連敗

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

○ソフトバンク4―2広島●(8日・マツダスタジアム)

 ソフトバンクが交流戦5連勝。同点の五回に内川の適時二塁打で勝ち越し、松田宣の中犠飛で差を広げた。高橋礼は直球で押し、7回2失点で6勝目。広島はジョンソンが自身の失策から崩れて3連敗。2カード連続の負け越しとなった。

サブマリン再浮上

 サブマリンが修正力の高さを発揮し、再浮上した。1日の前回登板(楽天戦)で今季初黒星を喫したソフトバンクの高橋礼が下手から浮き上がる直球で広島打線を翻弄(ほんろう)。7回2失点で、エース千賀と並んでチームトップとなる6勝目を挙げた。

 2度追い付かれながらも、2点を勝ち越してもらって迎えた五回。先頭の代打・会沢を2球で投ゴロに仕留めたが、続く野間には3ボールとなった。ここで「四球で苦しむくらいなら、真ん中に強いボールを投げよう」と3球直球を続けて三ゴロに。最後は菊池涼を二邪飛に打ち取り、流れを引き寄せた。

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文760文字)

あわせて読みたい

ニュース特集