メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なぜサニブラウンはこんなに速く走れるのか?

男子100メートル決勝、9秒97で日本新記録を更新したサニブラウン・ハキーム(中央)=米テキサス州オースティンで7日、隅俊之撮影

 陸上ではストライド(歩幅)の大きさとピッチ(足の回転数)の速さがスピードを決定づける要因となる。190センチ近い長身を誇るサニブラウンは、従来の日本選手にないストライドの大きさが原動力となっている。

 日本陸上競技連盟科学委員会の分析によると、2017年日本選手権100メートル決勝を10秒05で優勝した際、サニブラウンは総歩数が44・7歩、最高速度時のストライドは2・46メートルだった。同年の世界選手権で優勝したジャスティン・ガトリン(米国)は決勝で同44・1歩、同2・50メートルを記録し、サニブラウンと近い。ウサイン・ボルトは世界記録を出した09年世界選…

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文703文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです