メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レア ★★★

    のそのそ ★★★★★

    忍耐にんたい ★★★★

    評価ひょうか写真しゃしん沼津港深海水族館ぬまづこうしんかいすいぞくかん最大さいだい★5)

    生息域せいそくいき 日本にっぽん近海きんかいなどふかさ500メートル程度ていどまでの海底かいてい

    体長たいちょう 30センチメートル前後ぜんご


     UFOのような体形たいけいで、のそのそあるあいらしい姿すがたから水族館すいぞくかん人気者にんきものです。なかなかえさをべてくれないので、ながあいだ飼育しいくするのは大変たいへんです。名前なまえ由来ゆらいは、しっぽの根元ねもとにあるふたつのヒレがあかくつのようにえるため--など、いくつかありますがはっきりしません。

     アンコウの仲間なかまあじわるくありませんが、すくなくてトゲがえているため食用しょくようにはきません。あたまさきには疑似ぎじえさのようにえるもの)がついており、むし近付ちかづくのをじっとつづけています。派手はでですが「にんいち」です。


     ◆沼津港深海水族館ぬまづこうしんかいすいぞくかん

     深海魚しんかいぎょをメインとする水族館すいぞくかんで、世界せかいでも数少かずすくない冷凍れいとうシーラカンスを展示てんじしています。日本一深にほんいちふか駿河湾するがわん最深さいしん2500メートル)に生息せいそくする深海魚しんかいぎょなどのほか、ダイオウグソクムシの透明骨格標本とうめいこっかくひょうほんられます。

    アクセス

    住所じゅうしょ 静岡県沼津市千本港町しずおかけんぬまづしせんぼんみなとちょう83番地ばんち

    最寄もよえき JR東海道線とうかいどうせん沼津駅ぬまづえきからバスでやく15ふん

    休館日きゅうかんび 保守点検ほしゅてんけん臨時休業以外りんじきゅうぎょういがい年中無休ねんじゅうむきゅう

    営業時間えいぎょうじかん 午前ごぜん10午後ごご

    夏期かき冬期とうき繁忙期はんぼうき変更へんこうする場合ばあいがあります)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
    2. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
    3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
    4. トヨタ「シエンタ」13万台リコール アクアなど6車種も エンジン防水不備で
    5. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです