メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ぐるっと首都圏・旅する・みつける

埼玉・深谷 渋沢栄一の故郷を巡る 精神育んだ「論語の里」 /東京

渋沢栄一の実家だった「中の家」。新1万円札効果で平日でも全国から観光客が訪れている=埼玉県深谷市血洗島で

金もうけより公共利益

 2024年に刷新予定の新1万円札の肖像に決まった実業家、渋沢栄一(1840~1931年)。出身地の埼玉県深谷市では、渋沢栄一記念館(同市下手計(しもてばか))をはじめ、実家や学問の師の生家など、ゆかりの史跡が点在する。少年時代から「論語」に慣れ親しみ、精神の基盤となったことから関連史跡のエリアは「論語の里」と呼ばれる。「日本資本主義の父」と呼ばれる渋沢がこの地でどう育まれたのか。ボランティアガイドと共に巡り、渋沢の原点を探った。【大平明日香】

 1995年に開館した渋沢栄一記念館には渋沢に関する資料約150点が展示され、直筆の書や肉声テープも…

この記事は有料記事です。

残り1647文字(全文1931文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸自試験で集団カンニング、45人停職 教官漏えい、写真撮りスマホで同僚に拡散

  2. 中京学院大中京・藤田主将 高校No.1捕手が到達した「個々の強み生かすリード」

  3. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  4. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  5. 相次ぐ「エアドロップ痴漢」 設定変更で被害防止を

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです