メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・旅する・みつける

埼玉・深谷 渋沢栄一の故郷を巡る 精神育んだ「論語の里」 /東京

渋沢栄一の実家だった「中の家」。新1万円札効果で平日でも全国から観光客が訪れている=埼玉県深谷市血洗島で

金もうけより公共利益

 2024年に刷新予定の新1万円札の肖像に決まった実業家、渋沢栄一(1840~1931年)。出身地の埼玉県深谷市では、渋沢栄一記念館(同市下手計(しもてばか))をはじめ、実家や学問の師の生家など、ゆかりの史跡が点在する。少年時代から「論語」に慣れ親しみ、精神の基盤となったことから関連史跡のエリアは「論語の里」と呼ばれる。「日本資本主義の父」と呼ばれる渋沢がこの地でどう育まれたのか。ボランティアガイドと共に巡り、渋沢の原点を探った。【大平明日香】

 1995年に開館した渋沢栄一記念館には渋沢に関する資料約150点が展示され、直筆の書や肉声テープも…

この記事は有料記事です。

残り1647文字(全文1931文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  2. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  3. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  4. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  5. 吉本・岡本社長一問一答(1) 「つらい思いさせた、耳かたむけたい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです