剣鉾差し

勢ぞろい 祇園祭1150年記念で15基 二条城 /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
二条城で披露された「剣鉾差し」=京都市中京区で、澤木政輝撮影
二条城で披露された「剣鉾差し」=京都市中京区で、澤木政輝撮影

 祇園祭が始まって今年で1150年を迎えるのを記念し、祭の当初の姿を再現する「剣鉾差(けんぼこさ)し」が8日、京都市中京区の二条城で行われ、市内各地の剣鉾15基がそろい踏みした。

 八坂神社の社記「祇園本縁雑実記」によると、東北地方を大震災が襲い、九州で水害が発生するなど各地で災害が相次いだ貞観11(869)年、神泉苑に当時の国数と同じ66本の矛を建て、神輿(みこし)を迎えて災厄を払う神事を行…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文494文字)

あわせて読みたい

注目の特集