メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

View+

東大阪の「はたおり工房」 糸紡ぐ音、参道に響く 河内木綿の技術、現代に /大阪

河内木綿を原料に機織機を使って織り上げられる布=東大阪市で、幾島健太郎撮影

 江戸時代から明治時代にかけて、河内地方で生産された「河内木綿」は重要な地場産業だった。紡績機械の普及で衰退したが、かつての糸紡ぎや機織りの技術を現代に復活させようと、東大阪市の「河内木綿はたおり工房」が、栽培から製品づくりまでさまざまな活動に取り組んでいる。

 河内地方では16世紀ごろから綿作が行われていたが、その生産が飛躍的に伸びたのは、1704年に大和川の付け替え工事が完成してから。旧川床を利用した畑は砂地で水はけがよく、綿栽培に適した土地が増えたためという。

 当時の綿は繊維が短く糸が太いのが特徴で、織り上げられた布地も分厚く丈夫だった。衣類のほか、足袋やの…

この記事は有料記事です。

残り491文字(全文775文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬古氏、MGC3位の大迫にファイナルチャレンジ回避の勧め

  2. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  5. 千葉停電 被災者「あきれた」「県外避難も」 東電説明二転三転

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです