メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

自家製梅酒、作る時に気をつけることは? /和歌山

瓶詰めされた、果実入りの梅酒。自分で作る際には注意が必要だ=黒川晋史撮影

ルールを守って楽しんで アルコール度数や譲渡に注意

 なるほドリ 和歌山は日本一の梅の産地。今は収穫が真っ盛りだね。家で梅酒を作ろうと思うけど、何か気をつけることってあるのかな?

 記者 作り方によっては酒税法に触れ、違法行為になってしまいます。例えば梅を漬ける時に、清酒などアルコール分が20度以下のお酒を使ってはいけません。度数の低いお酒はアルコールの発酵を進ませるため、漬けているうちに度数がどんどん高まっていく場合があります。そうすると、より度数の高いお酒にかかるはずの酒税を免れることになるからです。発酵しやすいブドウや酒かすを混ぜることも、同じ理由で禁止されています。

 Q 作り方さえ気をつければ、あとは大丈夫なのかな?

この記事は有料記事です。

残り645文字(全文959文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番で警官刺され拳銃奪われる 男が逃走 大阪・吹田市
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 暴言 女性教諭、児童に「ぶち殺す」 「アホ」「バカ」も
  4. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  5. 暴言 支援学級担任が「色気付きやがって」 生徒不登校に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです