メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

自家製梅酒、作る時に気をつけることは? /和歌山

瓶詰めされた、果実入りの梅酒。自分で作る際には注意が必要だ=黒川晋史撮影

 なるほドリ 和歌山は日本一の梅の産地。今は収穫が真っ盛りだね。家で梅酒を作ろうと思うけど、何か気をつけることってあるのかな?

 記者 作り方によっては酒税法に触れ、違法行為になってしまいます。例えば梅を漬ける時に、清酒などアルコール分が20度以下のお酒を使ってはいけません。度数の低いお酒はアルコールの発酵を進ませるため、漬けているうちに度数がどんどん高まっていく場合があります。そうすると、より度数の高いお酒にかかるはずの酒税を免れることになるからです。発酵しやすいブドウや酒かすを混ぜることも、同じ理由で禁止されています。

 Q 作り方さえ気をつければ、あとは大丈夫なのかな?

この記事は有料記事です。

残り670文字(全文959文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

  2. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  3. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  4. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  5. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです