メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京大・旧増田研究室OB

恩師“遺産”最後に一目 鳴門市本庁舎など見学 老朽化で建て替え /徳島

建物の構造などを確認する参加者=徳島県鳴門市撫養町南浜の市民会館前陸橋で、岩本桜撮影

 老朽化に伴う建て替えが決まった鳴門市役所本庁舎をはじめ、数多くの公共建築に携わった京都大名誉教授で建築家・故増田友也氏が設計した建物を最後に一目見ようと、増田氏の教え子らが8日、鳴門市を訪れ、本庁舎などを見学した。【岩本桜】

 増田氏の下で建築を学んだ京都大の旧「増田研究室」OBら約10人が参加した。本庁舎などの建設に携わった元市職員に案内され、本庁舎や市文化会館などを見学した。参加者は図面と照らし合わせながら、建物の構造や材質を確…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文547文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  3. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです