メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

3度目のW杯に挑む最年長(その1) 「なでしこ熱」復活を

練習後に念入りにストレッチをするINAC神戸の鮫島彩=神戸市東灘区で、梅田麻衣子撮影

 重心を低くし、地をはうように全身の関節をゆっくりと動かしていく。5月上旬、夏を思わせる日差しが注ぎ込む神戸市内のグラウンドで、鮫島彩(さめしまあや)(31)は所属するINAC神戸の全体練習を終えると、いつも通り、独特のポーズを繰り返した。鋭い眼光は獲物を狙うワニのよう。けがに泣いた過去に戻らないため、続けてきたトレーニングだ。

 7日(日本時間8日)に開幕したサッカー女子ワールドカップ(W杯)フランス大会。16日に32歳となる…

この記事は有料記事です。

残り465文字(全文680文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. トヨタ「シエンタ」13万台リコール アクアなど6車種も エンジン防水不備で
  5. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです