メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

3度目のW杯に挑む最年長(その1) 「なでしこ熱」復活を

練習後に念入りにストレッチをするINAC神戸の鮫島彩=神戸市東灘区で、梅田麻衣子撮影

 重心を低くし、地をはうように全身の関節をゆっくりと動かしていく。5月上旬、夏を思わせる日差しが注ぎ込む神戸市内のグラウンドで、鮫島彩(さめしまあや)(31)は所属するINAC神戸の全体練習を終えると、いつも通り、独特のポーズを繰り返した。鋭い眼光は獲物を狙うワニのよう。けがに泣いた過去に戻らないため、続けてきたトレーニングだ。

 7日(日本時間8日)に開幕したサッカー女子ワールドカップ(W杯)フランス大会。16日に32歳となる…

この記事は有料記事です。

残り465文字(全文680文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小田急線が脱線 踏切で乗用車と衝突 本厚木-伊勢原間で上下運転見合わせ
  2. 大麻所持 容疑で愛知の少年逮捕 岐阜中署 /岐阜
  3. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  4. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  5. 古代ハス 行田で開花 /埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです