陸上

全米大学選手権 サニブラウン、日本新9秒97 ボルト超えへ通過点

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
陸上の全米大学選手権男子100メートル決勝で、9秒97の日本新記録をマークしたサニブラウン・ハキーム=米テキサス州オースティンで7日、隅俊之撮影
陸上の全米大学選手権男子100メートル決勝で、9秒97の日本新記録をマークしたサニブラウン・ハキーム=米テキサス州オースティンで7日、隅俊之撮影

 陸上の全米大学選手権は7日(日本時間8日)、米テキサス州オースティンで男子100メートル決勝があり、フロリダ大のサニブラウン・ハキーム(20)が9秒97(追い風0・8メートル)の日本新記録で3位に入った。桐生祥秀(よしひで)(日本生命)が2017年に出した記録を0秒01更新。5月11日には9秒99を出しており、日本選手初の2度目の9秒台をマークした。

 サニブラウンはガーナ出身の父と日本人の母の間に生まれた。記録は追い風2・0メートルまで公認される。今月5日には追い風2・4メートルの参考記録で9秒96を出した。世界記録はウサイン・ボルト(ジャマイカ)の9秒58。【オースティン隅俊之】

この記事は有料記事です。

残り701文字(全文996文字)

あわせて読みたい

注目の特集