メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

米中貿易摩擦 争点、経済から政治に=ビル・エモット 英誌「エコノミスト」元編集長

=渡部直樹撮影

 政治的な出来事を評価する際、経済学に惑わされ、争いはすぐに解決すると勘違いさせられることがある。国家や政府の本当の利益は、お金、利潤、雇用や生活水準に集約されるように見えるからだ。しかし、これは往々にして間違いだ。経済以外の要因も同じくらいか、それ以上に重要になることがある。

 そう考えさせられる問題が米中貿易摩擦だ。驚くことに二つの政治、経済の超大国による貿易戦争は、これまで世界の経済成長に目立った変化をもたらしていない。時間が経過しても、合意どころか一時的な休戦にすら近づいていないのは、もう一つの驚きだ。

 半年ほど前は、トランプ米大統領が対中貿易の不公正さや不均衡を騒ぎ立てても、米国は最終的に取引(ディール)を追求すると考えられていた。中国も恐らくいくらか譲歩して取引を求めるだろう、両国の経済的利益に照らせばきっとそうなる、と思われていた。

この記事は有料記事です。

残り1349文字(全文1726文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

  2. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

  3. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  4. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです