メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

3度目のW杯に挑む最年長(その2止) 仲間のために走る 2度目のサッカー世界一目指す31歳

長野戦でパスを受けるINAC神戸の鮫島彩=神戸市兵庫区のノエビアスタジアムで2019年5月11日、山田尚弘撮影

 

「福島 めっちゃ好き」

 サッカー女子ワールドカップ(W杯)フランス大会に臨むメンバーが発表された5月10日。鮫島彩(さめしまあや)(31)は、所属するクラブチーム「INAC神戸」(神戸市)で開かれた記者会見の最後、カメラマンの注文に沿ってポーズをとり、他の選出メンバーと笑顔で撮影に応じた。

 ただ、会見中の表情はいつになく険しかった。「この年齢、この立場で日本代表に呼ばれていることには意味がある。できることを最大限行動してきます」。喜ぶわけでも、ホッとするわけでもない。代表チーム最年長として挑む大会への決意が伝わってきた。

 宇都宮市で3人きょうだいの末っ子として育ち、小学1年のころ、友達に誘われて地元のサッカークラブに通…

この記事は有料記事です。

残り4668文字(全文4983文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小田急線が脱線 踏切で乗用車と衝突 本厚木-伊勢原間で上下運転見合わせ
  2. 大麻所持 容疑で愛知の少年逮捕 岐阜中署 /岐阜
  3. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  4. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  5. 山形・鶴岡の酒蔵、酒瓶1000本以上割れる 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです