メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

Pasco(敷島製パン) 米騒動でパンに着目

qw

 「Pasco(パスコ)」ブランドで知られる名古屋市の製パン大手、敷島製パン。元は小麦の製粉業だが、第一次世界大戦末期に米価急騰による「米騒動」が起き、創業者の盛田善平(1864~1937年)が「パンは米の代用食になり得る」と確信。パン作りに精通したドイツ人を招き、20年に創業した。「敷島」は善平が敬愛した国学者・本居宣長の短歌にあり、日本を意味する枕ことばだ。

 69年の東京進出時、従来の「シキシマ」ではなく「Pasco」で売り出した。「東京では『し』と『ひ』…

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文612文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. トヨタ「シエンタ」13万台リコール アクアなど6車種も エンジン防水不備で
  5. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです