メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子育て親子

梅雨に高い脱水症リスク

遊びの途中で麦茶を飲む保育園児=東京都港区のポピンズナーサリースクール広尾で、大沢瑞季撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 各地で気温が上がり、汗をかきやすい季節。子どもは大人に比べ、脱水症を起こしやすい。水分補給をする際に気をつけたいポイントを専門家に聞いた。

 ●異常気づきにくく

 東京都世田谷区の公園で小学2年の長女(7)とボール遊びをしていた母親(43)は「水筒を持ち歩いているけれど、遊びに夢中になって自分からは飲まない」と漏らした。「声を掛けて飲ませるようにしているが、足りているのかどうか不安」。長女は昨年5月、学校で脱水症になって倒れたという。母親は「登校時や授業中にも汗をかくようだが、子ども自身は異常に気づかないみたい」と心配する。

 熱中症の搬送者を減らそうと活動する医療関係者らでつくる「教えて!『かくれ脱水』委員会」のメンバーで…

この記事は有料記事です。

残り1224文字(全文1554文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. トヨタ「シエンタ」13万台リコール アクアなど6車種も エンジン防水不備で
  5. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです