メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子育て親子

梅雨に高い脱水症リスク

遊びの途中で麦茶を飲む保育園児=東京都港区のポピンズナーサリースクール広尾で、大沢瑞季撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 各地で気温が上がり、汗をかきやすい季節。子どもは大人に比べ、脱水症を起こしやすい。水分補給をする際に気をつけたいポイントを専門家に聞いた。

 ●異常気づきにくく

 東京都世田谷区の公園で小学2年の長女(7)とボール遊びをしていた母親(43)は「水筒を持ち歩いているけれど、遊びに夢中になって自分からは飲まない」と漏らした。「声を掛けて飲ませるようにしているが、足りているのかどうか不安」。長女は昨年5月、学校で脱水症になって倒れたという。母親は「登校時や授業中にも汗をかくようだが、子ども自身は異常に気づかないみたい」と心配する。

 熱中症の搬送者を減らそうと活動する医療関係者らでつくる「教えて!『かくれ脱水』委員会」のメンバーで…

この記事は有料記事です。

残り1224文字(全文1554文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小田急線が脱線 踏切で乗用車と衝突 本厚木-伊勢原間で上下運転見合わせ
  2. 大麻所持 容疑で愛知の少年逮捕 岐阜中署 /岐阜
  3. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  4. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  5. 山形・鶴岡の酒蔵、酒瓶1000本以上割れる 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです