メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

養老孟司・評 『流れといのち 万物の進化を支配するコンストラクタル法則』

 ◆エイドリアン・ベジャン著、柴田裕之・訳

 (紀伊國屋書店・2376円)

情報系優先の世界で「古典回帰」主張

 自然科学から見ると、世界はいったいどう見えるか。著者は「生命と構成と進化は物理的現象である」とまず言う。しかもすべては「たった一つの事実に煎じ詰められる」と続ける。「変化する自由を伴って動き、変わるものなら誰であっても、何であっても、より多くの、より容易な動きを求める衝動を持っている」。いったんそれを理解すれば、多くの現象がこの法則、すなわちコンストラクタルの法則に従って動いているのがわかる。

 これを社会に応用してみよう。各国のエネルギー消費量とGDPはみごとに並行する。これを個人あたりにしても同じである。この前の戦争は「石油にはじまり、石油で終わった」。昭和天皇はそう言われたという。あまり言われないが、戦後の高度経済成長は、中東の原油を日本が輸入する際、米国の企業が米国産の原油を買う価格より三割安だったという事実に大いに助けられた。これは出光佐三の回想録に記されている。経済成長につい…

この記事は有料記事です。

残り1580文字(全文2032文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  3. 新型コロナの自宅療養者に食品など配達 館林市とコープが連携

  4. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  5. フォーカス 香取慎吾 ドラマ「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」万丞渉役 SNSとの距離考え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです