メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

加藤陽子・評 『皇位継承 歴史をふりかえり 変化を見定める』=春名宏昭、高橋典幸ほか著

 (山川出版社・1296円)

時代ごとの特徴を簡潔に

 今年の春は常にもまして慌ただしく感じられた。4月の新元号決定、5月の天皇代替わりと無関係ではあるまい。新天皇の即位を天皇崩御の場合に限った点で、旧皇室典範と戦後の法律としての新典範は同様だったが、一昨年に制定された特例法により、近代の天皇では初の退位(譲位)が今回実現を見た。

 今や私たちは、天皇の自然的身体と政治的身体が一致しない時空を、明治以降初めて経験しつつあることになる。身体を二つに分けるのは、歴史家カントーロヴィチによって見出(みいだ)された、16~17世紀英国の王権を正統化する論理としての法的擬制にちなむ。一つは通常の肉体であり、衰えもすれば死にもする自然的身体。いま一つは王を頭とし臣民を四肢とするような組織であり、目に見えないが永続性を持つ政治的身体。

この記事は有料記事です。

残り1117文字(全文1479文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の受験生、トイレに立てこもり警察が出動 注意されせき込む仕草も

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 新型コロナ、10年後には死亡率インフルエンザ以下に 米大学研究チームが試算

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか主演『天国と地獄』初回16.8%の好発進

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです