メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あるき旅

基地なき沖縄願い日本縦断 石川文洋さんゴール 那覇で「人生最良の日」

関係者から手渡された花束を抱える石川文洋さん=那覇市で2019年6月8日午後1時59分

 ベトナム戦争の従軍取材で知られる報道写真家で、昨年7月から日本列島を歩いて縦断していた石川文洋(ぶんよう)さん(81)=長野県諏訪市=が8日、古里・那覇市の中心部にゴールした。妻桂子さん(55)や各地から駆けつけた仲間らが出迎える中、「人生で最良の日」と日焼けした顔に笑みを浮かべた。基地のない平和な沖縄を願い、歩いた3500キロの旅だった。

 那覇市生まれ。各国の紛争地でカメラを構え、戦争の愚かさを伝えてきた。日本縦断の「あるき旅」は日本海側を歩いた2003年以来2回目となる。

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文553文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. 視聴室 世界を変えた女の子

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 卓球 全日本選手権 石川、涙の逆転日本一

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです