「互恵的貿易関係を」 WTO改革は温度差 G20貿易・デジタル会合

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
主要20カ国・地域(G20)貿易・デジタル経済相会合のポスター=茨城県のホームページより
主要20カ国・地域(G20)貿易・デジタル経済相会合のポスター=茨城県のホームページより

 茨城県つくば市で開かれた主要20カ国・地域(G20)貿易・デジタル経済相会合は9日、貿易分野について議論した。保護主義について「貿易上の緊張に対応し、互恵的な貿易関係を作る必要がある」との共同声明を採択し、閉幕した。中国を相手に貿易戦争を繰り広げる米国に配慮し、「保護主義と闘う」との表現は避けた。一方、自由貿易推進に向けた世界貿易機関(WTO)改革については「切迫感を持って必要な改革に着手する」とした。

 米中両国の関税引き上げ合戦など、世界経済は保護主義的な動きが強まっており、共同声明では、「現在の貿易環境から生じる下方リスクが成長を鈍化させる可能性がある」との現状認識を指摘した。そのうえで、米国への配慮などから、「保護主義と闘う」との文言は使わず、「自由で公平、透明性があり安定した貿易・投資環境を実現するために努力する」ことで合意した。

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文708文字)

あわせて読みたい

注目の特集