メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自殺率 秋田4年ぶりワースト脱却 今年は増加傾向、緊急対策

厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影

 厚生労働省が7日に2018年の人口動態統計(概数)を発表し、秋田県の自殺率(人口10万人当たりの人数)は20.3と前年より4.1ポイント下がって、都道府県別では4位だった。最悪からの脱却は4年ぶり。自殺者数は199人(前年比43人減)で、56年ぶりに200人を下回った。

 自殺率が4位以下となるのは1980年の7位以来。同統計によると、秋田県の自殺者数(住所地)は03年に519人を記録した後は減少傾向が…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文508文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  3. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. JR北海道クが白星発進 都市対抗北海道2次 代表決定リーグ戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです