メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウミウの「人工ふ化2世」誕生 国内初 京都・宇治

ふ卵器の中で「ウッティー1号」の産んだ卵から誕生したひな=宇治市の市観光センターで2019年6月8日、鈴木健太郎撮影

 「宇治川の鵜飼(うかい)」を主催する京都府宇治市観光協会は8日、2014年6月に国内初の人工ふ化で誕生したウミウ「ウッティー1号」の産んだ卵からひなが生まれたと発表した。体長11センチ、体重32グラム。人工ふ化したウミウの2世誕生も国内初で、人工ふ化と飼育に取り組んできた観光協会関係者の間に喜びが広がった。鵜飼いデビューは来年になる見込み。

 同協会はこれまで「ウッティー」9羽を育て、うち4羽を鵜飼いに投入している。今年は野生から捕獲した雄…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文504文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  3. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  4. 相模原殺傷被告、障害者排斥の主張変えず 「死怖い」極刑は恐れ

  5. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです