メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バーティ、挫折からはい上がった「天才」 4大大会初制覇

4大大会初優勝を飾ったアシュリー・バーティ=AP

 テニスの全仏オープン第14日は8日、パリのローランギャロスで女子シングルス決勝が行われ、第8シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア)がノーシードから勝ち上がった19歳のマルケタ・ボンドロウソバ(チェコ)を6―1、6―3で降し、シングルスでの4大大会初優勝を飾った。

 力強いスマッシュで勝負を決めたバーティは、信じられないような表情で両手を突き上げた。「本当にすごいことで言葉にならない」。大事そうに優勝トロフィーを抱きしめて喜びを味わった。166センチと上背はないが、強打で勢いのあるボンドロウソバを圧倒。バックハンドの短いスライスも巧みに織り交ぜて一気に崩…

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文709文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  5. 軽量タイヤホイール 熱可塑性カーボンで従来の半分 赤磐の板金加工会社が開発 数年後の量産化へ /岡山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです