メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

優先順位は?=永山悦子

 2025年の日本の認知症患者は推計約700万人、高齢者の5人に1人に達する。国は、今後の認知症対策について、認知症の「予防」、そして「共生」を2本柱とする新しい大綱案を示した。

 この報道に、アルツハイマー型認知症の両親を介護する知人男性(59)は首をかしげた。「予防も大事だろうが、今、切実に困っているのは、現実に認知症を患う本人と介護している家族だ」。人手不足のデイサービスに毎日通うことはできない。訪問介護の事業者もヘルパーが足りず、急な依頼に対応してくれない。仕事をしながら綱渡りのような介護が続く。にもかかわらず、国が示した案の項目は、啓発、予防、医療・介護・介護者への支援--の順だった。

 大綱案にあった「70歳代での発症を10年間で1歳遅らせる」との数値目標について、根本匠厚生労働相は…

この記事は有料記事です。

残り598文字(全文948文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ど迫力!金色の巨大ホワイトタイガー 埼玉・東武動物公園駅前 リアルわらアート

  2. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. ORICON NEWS 『ドラえもん』1巻、21世紀で最大の単月実売数 55.5万部「0巻」効果で新たなブーム

  5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです