メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌舞伎

六月大歌舞伎 古典と新作、対照的な演目立て=評・小玉祥子

「封印切」仁左衛門の忠兵衛(左)と孝太郎の梅川=松竹提供

 昼が古典の名作中心、夜が新作という対照的な演目立て。昼の幕開けが「寿式三番叟(ことぶきしきさんばそう)」。幸四郎と松也の三番叟が、息のあった勢いのある動きを見せる。

 続いて「女車引(くるまびき)」。「車引」の三兄弟を女房に置き換えた舞踊。魁春の千代、雀右衛門の春、児太郎の八重が、役の特色を出した。

 次が「石切梶原」。吉右衛門の梶原は喜びや怒りが演技の端々からはっきりと見て取れ、自在のせりふで陽性な人物像が浮き彫りにされた。歌六の六郎太夫は死を覚悟して娘の梢(米吉)を見送る姿に情愛がにじみ、米吉は愛らしさの中に人妻らしい色気がある。又五郎の大庭が大きく、歌昇の俣野は動きがよく、若さが出た。

 最後が「封印切」。仁左衛門の忠兵衛は、梅川(孝太郎)にじゃれつく姿、おえん(秀太郎)とのやりとりに…

この記事は有料記事です。

残り492文字(全文840文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 殺害された小4男児は英語好き、熱心に塾通い 朗らかで雰囲気明るく

  5. 「過去の歴史想起」外務省、かつて旭日旗で注意 五輪で容認と矛盾?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです