メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Shall・we・バレエ?

ドガの踊り子は下手だった?=斉藤希史子

エドガー・ドガ「リハーサル」1874年ごろ(C)CSG CIC Glasgow Museums Collection

 東京・渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムで、バレエの稽古(けいこ)風景を描いたドガの名画「リハーサル」が公開されている(「印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション」展で30日まで)。「ジゼル」の初演から三十数年後の作品だ。

 妖精や精霊が登場する「ロマンチック・バレエ」全盛期のパリとあって優雅そのものだが、中央の踊り子に注目すると、やや違和感も……。上げた脚につられ、背筋が倒れすぎてはいないだろうか。現代の稽古場ならすぐさま「上体を起こせ」と、教師に叱責されるだろう。

 「コルセットの芯に鯨のヒゲなどが使われていて硬すぎたため」と種を明かしてくれたのは、舞踊評論家の長…

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文812文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  4. 知事が「非国民」と非難される「気味悪さ」 秋田選挙区どうなるか
  5. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです