メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外京アニ火災 33人の死亡確認 平成以降最悪
NHK大河ドラマ

「麒麟がくる」 長谷川博己が墓参「光秀の神秘に迫りたい」

明智光秀の墓に手を合わせた長谷川博己。後ろが光秀の墓=大津市の西教寺で、用貝成子撮影

 来年1月から放送されるNHKの大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」。収録に先立ち、主人公の戦国武将・明智光秀を演じる長谷川博己(ひろき)が光秀の菩提(ぼだい)寺、大津市の西教寺を訪れた。光秀の墓に手を合わせた長谷川は「大津は光秀にとって出世の出発点。必ず良い作品にすると念を込めた」と笑顔を見せた。

 「麒麟がくる」は、美濃に生まれた光秀の謎めいた前…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文435文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  3. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  4. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  5. 新海監督、京アニに「どうかご無事で」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです