メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

九州愛、心に刺さるバッジ 伝統織物の端切れ活用 父の日用、ネクタイピンも 北九州・戸畑の女性製作

ピンバッチ(右)と「父の日」に向けて開発したクタイピン=北九州市戸畑区で、山本泰久撮影

 九州の形をした金属に博多織や小倉織など伝統織物の生地を埋め込んだピンバッジが、じわじわと人気を集めている。北九州市戸畑区のアクセサリーメーカーが今春から販売したところ、転勤族らの記念品や九州土産として好調な売れ行き。6月16日の「父の日」に向けネクタイピンも開発し、将来は全国の織物をピンバッジにしてその魅力を伝えたいと夢を膨らませている。【山本泰久】

 九州をかたどったピンバッジ(縦約2・7センチ、横約2センチ)を製造するのは、専業主婦だった綿瀬麻意…

この記事は有料記事です。

残り806文字(全文1033文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小田急線が脱線 踏切で乗用車と衝突 本厚木-伊勢原間で上下運転見合わせ
  2. 大麻所持 容疑で愛知の少年逮捕 岐阜中署 /岐阜
  3. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  4. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  5. 山形・鶴岡の酒蔵、酒瓶1000本以上割れる 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです