香港大規模デモ、主催者発表で103万人参加 返還後の最大級に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 香港で9日、刑事事件の容疑者を中国本土に引き渡せるようにする「逃亡犯条例」改正に反対する大規模デモがあった。主催者発表で103万人(警察発表は24万人)が参加し、1997年に香港が英国から中国に返還されて以降、最大級のデモとなった。終了後、一部学生が香港立法会(議会)周辺で座り込んだが、香港メディアによると、警察は10日未明、刺激物を含んだスプレーを噴射するなどして強制排除。学生と警察の双方にけが人が出た他、各所で激しく抵抗した学生らが身柄を拘束された。

 条例改正について、香港市民の間には「冤罪(えんざい)で拘束され、中国本土で公平ではない裁判にかけられる」との懸念が強まっている。香港の人口は約740万人のため、主催者発表通りなら7人に1人の市民が参加した計算。市民らは「悪法を撤回しろ」「香港の自由を守ろう」などと叫びながら、中心部の政府庁舎前までの約4キロを行進した。デモは午後2時半(日本時間午後3時半)から始まり、夜遅くまで幹線道路を埋め尽く…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文698文字)

あわせて読みたい

注目の特集