メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自宅ジャンプ台から五輪へ 小6少年、BMX国際大会で頂点 岐阜・本巣

自転車を手に笑顔を見せる小沢楓さん=本巣市役所で

 BMXと呼ばれる自転車競技の国際大会で優勝した岐阜県本巣市の小学6年生の男子が、将来の五輪出場目指して練習に励んでいる。自宅の庭に手作りしたジャンプ台から始まったトレーニングの日々は輝かしい成績を生んだが、さらに五輪出場という大きな夢の実現に向け、道のりは続く。【沼田亮】

 本巣市立席田小学校(同市郡府)6年の小沢楓(かえで)さん(11)は、4月に広島市で開かれた都市型スポーツを集めた国際大会「FISE(フィセ)」の自転車BMXフリースタイル・パークのジュニアの部で優勝を果たした。

 BMXは「Bicycle Motocross」の略。自転車競技の一種で、ジャンプ台などが設置された…

この記事は有料記事です。

残り606文字(全文899文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです