メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

これはいい土産…形は九州 伝統織物の生地を埋め込んだピンバッジ じわじわと人気

九州各地の伝統織物を「九州」の形にしたピンバッジを手にする綿瀬さん。右から博多織、久留米絣、小倉織、綾の手紬=北九州市戸畑区で2019年4月5日午後3時10分、山本泰久撮影

 九州の形をした金属に博多織や小倉織など伝統織物の生地を埋め込んだピンバッジが、じわじわと人気を集めている。北九州市戸畑区のアクセサリーメーカーが今春から販売したところ、転勤族らの記念品や九州土産として好調な売れ行き。6月16日の「父の日」に向けネクタイピンも開発し、将来は全国の織物をピンバッジにしてその魅力を伝えたいと夢を膨らませている。【山本泰久】

 九州をかたどったピンバッジ(縦約2.7センチ、横約2センチ)を製造するのは、専業主婦だった綿瀬麻意子さん(47)が2017年1月に起業した会社「Itohen・M(イトヘンエム)」。九州・沖縄8県の「8」と九(9)州の「9」を掛けると「72」になることから、「72 nana―tsu(ナナツ)」と名付けた商品には、九州・沖縄各地の伝統織物を広くアピールしたいという思いを込めた。2月に博多織と小倉織で…

この記事は有料記事です。

残り656文字(全文1033文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  5. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです