メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

これはいい土産…形は九州 伝統織物の生地を埋め込んだピンバッジ じわじわと人気

九州各地の伝統織物を「九州」の形にしたピンバッジを手にする綿瀬さん。右から博多織、久留米絣、小倉織、綾の手紬=北九州市戸畑区で2019年4月5日午後3時10分、山本泰久撮影

 九州の形をした金属に博多織や小倉織など伝統織物の生地を埋め込んだピンバッジが、じわじわと人気を集めている。北九州市戸畑区のアクセサリーメーカーが今春から販売したところ、転勤族らの記念品や九州土産として好調な売れ行き。6月16日の「父の日」に向けネクタイピンも開発し、将来は全国の織物をピンバッジにしてその魅力を伝えたいと夢を膨らませている。【山本泰久】

 九州をかたどったピンバッジ(縦約2.7センチ、横約2センチ)を製造するのは、専業主婦だった綿瀬麻意…

この記事は有料記事です。

残り806文字(全文1033文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

  2. 伊藤「いい試合できた」今季4度目の決勝進出で初勝利 元世界1位倒す

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 風知草 観桜会の論じ方について=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです