メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

田辺聖子さんが死去 「新源氏物語」 大阪弁駆使した軽妙な文体で愛され

田辺聖子さん 91歳=作家、文化勲章受章者(6月6日死去)

 大阪弁を駆使した軽妙な文体の小説やエッセー、さらに評伝や古典を現代によみがえらせた作品を次々に発表し、世代を超えて愛された作家で文化勲章受章者の田辺聖子(たなべ・せいこ)さんが6日午後1時28分、総胆管結石による胆管炎のため死去した。91歳。葬儀は親族で営んだ。喪主は弟聰(あきら)さん。後日お別れの会を開く。

 1928年、大阪市福島区生まれ。写真館を経営していた父が終戦の年に亡くなったため、樟蔭女子専門学校(現大阪樟蔭女子大)国文科を卒業すると、家計を助けるために金物問屋の事務員として働いた。一方、在学中から小説を書き始め、大阪文学学校に通った。56年、「虹」で大阪市民文芸賞を受賞。58年には「花狩」を雑誌「婦人生活」に連載し、ラジオドラマも執筆。64年、「感傷旅行(センチメンタル・ジャーニイ)」で芥…

この記事は有料記事です。

残り625文字(全文981文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 手話で受け付け 病院予約を代行 藤岡市、ビデオ通話 /群馬

  3. はや2くんの大航海 HAYABUSA2応援ページ はやぶさ2帰還をスマホで体感 大気圏に進入「火球」観測アプリを公開 JAXA

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 政府、皇籍離脱の女性皇族に「皇女」の尊称検討 公務への協力委嘱

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです