メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

田辺聖子さんが死去 「新源氏物語」 大阪弁駆使した軽妙な文体で愛され

田辺聖子さん 91歳=作家、文化勲章受章者(6月6日死去)

 大阪弁を駆使した軽妙な文体の小説やエッセー、さらに評伝や古典を現代によみがえらせた作品を次々に発表し、世代を超えて愛された作家で文化勲章受章者の田辺聖子(たなべ・せいこ)さんが6日午後1時28分、総胆管結石による胆管炎のため死去した。91歳。葬儀は親族で営んだ。喪主は弟聰(あきら)さん。後日お別れの会を開く。

 1928年、大阪市福島区生まれ。写真館を経営していた父が終戦の年に亡くなったため、樟蔭女子専門学校(現大阪樟蔭女子大)国文科を卒業すると、家計を助けるために金物問屋の事務員として働いた。一方、在学中から小説を書き始め、大阪文学学校に通った。56年、「虹」で大阪市民文芸賞を受賞。58年には「花狩」を雑誌「婦人生活」に連載し、ラジオドラマも執筆。64年、「感傷旅行(センチメンタル・ジャーニイ)」で芥…

この記事は有料記事です。

残り625文字(全文981文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです