メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

事件・事故取材でマスメディアが批判される理由

川崎市の殺傷事件では現場に多くの報道関係者が集まった。後ろはカリタス小学校のスクールバス=川崎市多摩区で2019年5月28日、梅村直承撮影

 大津市で保育園児らが死傷した交通事故や、川崎市であった児童らへの殺傷事件での取材を巡り、インターネット上でマスメディアの取材のあり方に批判が集まっている。なぜメディアは批判されるのか。「メディアは社会を変えるのか」などの著書がある法政大の津田正太郎教授(マスコミュニケーション論)に聞いた。【大場伸也/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1684文字(全文1849文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  2. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  3. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  4. 「納得されていない方がたくさん」「疑惑というのは、よく分かりません」 菅長官会見詳報

  5. 「漫画村」投稿役に猶予判決「悪質な犯行だが、被告はまだ若い」 福岡地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです